スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読めますか?悩ましい古墳の名前(産経新聞)

2010-04-06

 石舞台古墳、その名前からして変わっている。といっても、古墳の名前はほんと、難解なものが多いから特別ヘンというわけでもないのだけれど。

 「月夜にキツネやタヌキが踊るから」石舞台…という話も聞いたことがあったが、今回取材した和田萃(あつむ)京都教育大名誉教授に納得できる答えを聞いた。石舞台古墳はすでに江戸時代の名所図絵にも、むきだしになった巨大な岩が描かれている。当時の文献に「石太屋(いしぶとや)」と出てくるそうだ。受け売りでいうと「巨大な岩屋」という意味で、「イシブトヤ」が次第に「イシブタイ(石舞台)」に変わっていった…というわけ。なるほど。上が平らで下が埋まっていたなら、確かに「舞台」みたいにみえる。

 【麗し大和・記者の裏話】(14)

 さて、そのほかの名前はどうか。変わっているけどカンタンなのが「キトラ古墳」。つい発見された四神の壁画のトラ(白虎)を連想してしまうのだけれど、「北浦」のなまったものともいわれている。「マルコ山古墳」とか「カラト古墳」なんてのも、読みやすい。

 逆に何度見ても覚えられない悩ましい名前が、真弓鑵子塚古墳や牽牛子塚古墳、鬼の俎・鬼の雪隠など。読み方は、「マユミカンスヅカコフン」「ケンゴシヅカコフン」「オニノマナイタ・オニノセッチン」となる。ああ、場所と名前が一致して、漢字も書けるようになるころには、連載も終わっているだろうなあ…。

【関連記事】
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
聖徳太子の弟の墓? 塚穴古墳に人工築山、風水意識か
蘇我入鹿邸の「城柵」か 甘樫丘東麓遺跡から新たな石垣
持統天皇の吉野行幸列を再現 「飛鳥美人」模した古代衣装
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<小児脳死>「24時間空け判定」 厚労省研究班が基準案(毎日新聞)
大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)
米政府、シュワブ沿岸案主張=「交渉、非常に厳しい」-官房長官(時事通信)
市販薬ネット販売禁止は「合憲」…東京地裁(読売新聞)
姫路城大天守しばしの別れ、桜楽しむ長い列(読売新聞)
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。